チラシ印刷や名刺印刷を依頼する|高い印刷技術で見る人を悩殺する

印刷

進化する名刺

女性

名刺もネットなどと関連付けられた方式が普通となりつつあり、印刷会社もそれらに対応する物や会社との協力が必要となっています。しかし名刺本来の目的を考えると機能追加はあくまでも副次的な物であり、最後の決め手は伝える物があるかどうかになるのです。

Read More...

折り方と紙の種類

プリント

企業や商品の広告に使用されているチラシは、紙一枚だけのチラシ印刷方法と、折り曲げるチラシ印刷があります。最初から入り加工がされている折りチラシなら、すぐに配布できる状態で受け取ることが可能です。手間がかからないため忙しい企業に適しています。また、チラシの折り方はいくつか選べるので広告や宣伝に適している折り方を選択しましょう。折りチラシには、一般的な二つ折、左右を交互に合わせる巻き三つ折、アルファベットのZのような形で折るZ折りなどがあります。ポスティングチラシ以外にもイベントを告知するためのフライヤーや、案内状、展示会用の商品リーフレットとしても活用できます。チラシ印刷を業者に依頼する際は、印刷代と折加工代をあわせた料金から予算に適した業者に依頼しましょう。

チラシ印刷を業者に依頼する際は、使用する紙にも注目しましょう。チラシ印刷で使用される紙は主に3種類あります。「コート紙」「マット紙」「上質紙」です。光沢のある紙を使い、掲載する写真を綺麗に見せたい人に最適なのがコート紙です。料理の写真を掲載する飲食店や人の写りを綺麗に見せた人に適しています。もっとも利用頻度が高い紙なので、さまざまな人に最適であり、なおかつ使い勝手が良いという特徴があります。マット紙は、コート紙よりも光沢が抑えられた紙です。上品な印象を持たせたい人や、ツヤのあるチラシに抵抗がある人はマット紙を利用しましょう。アンケートなど文字を記載するチラシ印刷に適しているのが上質紙です。上質紙は、一般的に私たちが日常で使用している普通の紙なので、もっとも身近な広告チラシとして活用できます。また、髪の厚さなどを選択することができるので、チラシ印刷を依頼する際は使用する紙の種類に注意しましょう。

スムーズに決める

カレンダー

印刷会社やデザイン会社を利用して卓上カレンダーを制作するときには一連の流れを知っておくことが大切です。そうすることで利用する時にスムーズにデザインを決めることができるでしょう。

Read More...

これからの印刷

プリント

印刷技術ははるか昔から海外を中心に確認されています。また、従来の印刷技術で基本とされていた紙への印刷でしたが、これからは紙以外のニーズが高まることが予測されています。

Read More...