チラシ印刷や名刺印刷を依頼する|高い印刷技術で見る人を悩殺する

印刷

これからの印刷

印刷技術のルーツと、これから求められる技術

プリント

印刷技術は、7世紀の中国、13〜14世紀の朝鮮、15世紀のドイツなどで確認されています。 ドイツで確認されているのは、ヨハネス・グーテンベルクによる活版を使用したものです。 今日主流の印刷手法はオフセット技術です。 オフセット技術のルーツは、20世紀初頭のアメリカのルーベルの発明によるものです。 今後の動向としては、オフセット技術による紙への印刷から、紙以外への印刷がより一層重要になると予測されます。 経済産業省や総務省の統計からもそれは明らかです。 オフセットだけでなく、凸版、凹版によるものの出荷数も年々減少しています。 3Dや加飾成形等の技術を駆使した新しい印刷の形が求められています。 紙以外にどんなニーズがあるのかを把握することが、各社の命運を分けそうです。

印刷技術の発見

印刷技術は7世紀の中国の木版によるもの、13〜14世紀の朝鮮の金属活字によるもの、15世紀のドイツのヨハネス・グーテンベルクが発明した活版印刷等が確認されています。 しかし、今日主流の紙への平版オフセット技術のルーツは、20世紀初頭のアメリカのルーベルの発明によるものです。オフセット技術は世界中の主流であり、日本でもそれは同様です。 経済産業省の印刷統計でも、オフセットの出荷額は他の凸版や凹版と比較しても明らかに高い数値です。 注意したいのは、印刷物の出荷額は年々減少しているという事実です。 経済産業省および総務省の「平成24年経済センサス調査」においてもオフセットの2011年の出荷額は2006年と比較して8割にまで減少しています。 今後は3Dや加飾成形等を駆使した紙以外への印刷がより一層求められます。 紙以外にどんなニーズがあるのかを把握することが、今後の各社の命運を分けることになりそうです。